中山産業株式会社 > 中山産業株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 実家じまいのやり方は?処分方法や事前準備についてご紹介

実家じまいのやり方は?処分方法や事前準備についてご紹介

≪ 前へ|根抵当権の特徴および根抵当権がついた状態での不動産売却についてご紹介   記事一覧

実家じまいのやり方は?処分方法や事前準備についてご紹介

カテゴリ:不動産売却のための基礎知識

実家じまいのやり方は?処分方法や事前準備についてご紹介

実家じまいとは、誰も住まなくなった実家を処分することです。
少子化や核家族が増える近年では、家を子どもや孫へ引き継がず空き家となるケースが増えています。
老後の生活や家の相続を考えたときに、終活のひとつとして「実家じまい」に関心が高まっています。
ここでは、実家じまいの方法や事前準備についてご紹介しますので、参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

実家じまいの理由とは?

実家じまいとは、所有する住宅を子どもや孫へ引き継ぐことなく、売却するなどして手放すことをいいます。
近年、少子化や核家族化により家を引き継ぐ子どもがいないケースや、家族それぞれが全く別の場所で生活するケースが増えています。
空き家となった家を相続しても、家の維持管理の手間や費用がかかるため、将来子どもに負担がかかってしまう可能性も。
また、空き家を放置すると建物の老朽化による倒壊の恐れや、不法侵入や不法投棄など犯罪のリスクも考えられます。
このような理由から、元気なうちに実家じまいを選択する方が増えているのです。

実家じまいをするときの準備は何が必要?

実家じまいを考えたら、まずは親や兄弟と将来的な実家の扱いについて話し合いましょう。
急いで決める状況にない場合、なかなか話し合うきっかけがないかもしれません。
しかし、親が元気だからこそ家族全員でそれぞれの考えを話し合い、家を継ぐのか処分するのか決めておくことが大切なのです。
あわせて不動産以外に預貯金や有価証券など親の所有財産がどのくらいあるのか把握しておくと、相続時の手続きがスムーズにおこなえます。
また、実家じまいをしてその後住み替える場所についても考え、準備しておきましょう。
たとえば賃貸マンションに住む・介護付き住宅など施設・セカンドハウスに移るなどの方法があります。

実家じまいの処分方法について

実家を引き継がず処分する場合、家を売却または解体する方法があります。
売却する場合、まず不動産会社に査定依頼をして売却価格を把握しましょう。
不動産会社を決めたら、媒介契約を結び売却を開始します。
購入希望者が見つかり、条件など合意できれば売買契約を結び、引渡しの流れです。
一方、解体の場合は解体費用が必要です。
木造物件で1坪あたり2~3万円前後、鉄筋だと3~5万円が相場ですが、アスベストの有無や施工方法によっても費用が変わるため、まずは見積もりを取りましょう。
また、親が亡くなった後に実家じまいをおこなう場合、残された荷物の処分が問題となります。
処分方法に悩む荷物については、親や兄弟と話し合いながら決めることが大切です。
家族それぞれにほしいものがあるか、不用品の処分費用の分担についてなど事前に決めておけば、あとでトラブルになることが少ないでしょう。

まとめ

子どもや孫が家を継がず空き家となった家は、放置したままでいるとさまざまなリスクが生じます。
高齢になってから家を手放し、住み替えをおこなうのは抵抗がある方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、そのときどきの生活に合った住まいで暮らすことが、老後の負担軽減にもつながります。
ご家族みんなで一度話し合ってみてはいかがでしょうか?
私たち中山産業株式会社は、お客様を第一に考えさまざまなご相談をお受けいたします。
お気軽にお問い合わせください。

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|根抵当権の特徴および根抵当権がついた状態での不動産売却についてご紹介   記事一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • 更新情報

  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    中山産業株式会社
    • 〒890-0056
    • 鹿児島県鹿児島市下荒田1丁目28-6
    • TEL/099-255-1381
    • FAX/099-250-6595
    • 鹿児島県知事 (11) 第1805号
  • 更新物件情報

  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る