中山産業株式会社 > 中山産業株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 未使用の不動産を所有している方!放置するリスク知ってますか?

未使用の不動産を所有している方!放置するリスク知ってますか?

≪ 前へ|擁壁が不動産売却に及ぼす影響は安全性で決まる!その判断方法とは?   記事一覧   シロアリ被害がある不動産でも売却できる!売却する方法とコツとは|次へ ≫

未使用の不動産を所有している方!放置するリスク知ってますか?

カテゴリ:不動産売却のための基礎知識

未使用の不動産は、土地だけでも住宅が建っていても、放置してしまうとリスクが発生します。

 

たとえば税金が多くかかる、維持管理を続けるなど、所有者の負担は軽視できません。

 

この記事では、使用していない不動産を所有している方に向けて、不動産を放置するリスクをご紹介します。

 

未使用の不動産を所有している方!放置するリスク知ってますか?



税金面での不利も!不動産を放置するリスクとは?


 

土地を放置することは、税制面での不利を生じます。

 

具体的には、「都市計画税」と「固定資産税」の負担が大きくなります。

 

「都市計画税」の場合、更地に住宅を建てることで、土地の評価税率を割安にすることが可能です。

 

一般住宅用地なら3分の2、小規模住宅用地なら3分の1です。

 

「固定資産税」の場合も、更地で放置するよりも住宅を建てるほうが、節税につながります。

 

200平方メートルを超える一般住宅用地なら3分の1200平方メートル以内の小規模住宅用地は6分の1の税率です。

 

<空き家の老朽化と維持管理について>

 

人が住んでいない住宅を放置すると、建物は想像以上に早く老朽化していきます。

 

換気不足など維持管理ができていない住宅は、湿気などによって劣化が進行します。

 

同時に建物まわりには雑草が茂り、景観が悪化するばかりか、空き家とわかることで不法投棄や不法侵入、不審火などのリスクを招く要因にもなるでしょう。

 

また、放置されて劣化した建物は、地震などの自然災害が発生した際に、倒壊しやすい恐れについても注意が必要です。

 

放置してた不動産が「特定空き家」に指定されるデメリットとは?


 

2015年「空き家特別対策措置法」が全面施行され、不動産を放置しておくと「特定空き家」に指定されるリスクが出てきました。

 

「特定空き家」は、倒壊の可能性があったり、衛生上の問題を抱える不動産が指定されます。

 

市町村は、所有者に空き家の撤去や修繕などを命令、勧告することが可能です。

 

「特定空き家」に指定され、勧告をされた場合にはいくつかデメリットも出てきます。

 

・固定資産税優遇措置が受けられなくなる

 

・強制的に補修や解体が行われてしまう

 

建物が解体され、更地となった土地は「住宅用地の特例」対象ではありませんので、固定資産税が上がってしまいます。

 

もちろん、補修や解体にかかった費用は空き家の所有者へ請求されます。

 

解体費用が払えない場合は、土地を売って支払いをしなくてはいけないケースもあるでしょう。

 

まとめ


 

不動産を放置するリスクや、「特定空き家」が勧告や命令を受けるデメリットなど解説しました。

 

土地のまま放置した場合は余分に課税され、家屋がある場合も、常に維持管理に気を使わなければなりません。

 

未使用の不動産を所有するリスクを根本的に解決するには、「売却」も有効な手段として検討されることをおすすめします。


私たち中山産業株式会社は、お客様を第一に考え様々なご相談をお受けいたします。
お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓



不動産売却-お問合せ


≪ 前へ|擁壁が不動産売却に及ぼす影響は安全性で決まる!その判断方法とは?   記事一覧   シロアリ被害がある不動産でも売却できる!売却する方法とコツとは|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • 更新情報

  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    中山産業株式会社
    • 〒890-0056
    • 鹿児島県鹿児島市下荒田1丁目28-6
    • TEL/099-255-1381
    • FAX/099-250-6595
    • 鹿児島県知事 (11) 第1805号
  • 更新物件情報

  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る