中山産業株式会社 > 中山産業株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 土地売却の際に必要な境界確定測量とは?費用の目安についても解説

土地売却の際に必要な境界確定測量とは?費用の目安についても解説

≪ 前へ|家の相続税に関する注意点や等身大の解決策をご紹介!   記事一覧   知っておきたい土地分割!兄弟姉妹で土地を相続する時の注意点とは?|次へ ≫

土地売却の際に必要な境界確定測量とは?費用の目安についても解説

カテゴリ:不動産売却のための基礎知識

土地売却の際に必要な境界確定測量とは?費用の目安についても解説

相続した土地を売却する際には、境界確定測量をすることが必要です。
今回は境界確定測量とは何か、なぜ必要なのかをまず解説したうえで費用の目安や、「測量は誰に依頼するべきなのか」についても説明します。

弊社へのお問い合わせはこちら

土地売却の際に必要となる境界確定測量とは?何のために必要?

相続した土地を売却する際に必要とされる境界確定測量とは「土地の境界線をはっきりさせて、土地の正確な面積を明らかにするためのもの」です。
「そんなことをしなくても、親や祖父母の世代に測量してもらった際の測量図があるからこれを使えばいいじゃないか」と思う人もいるでしょうが、古い測量技術で測られて作成された測量図は正確でないケースも多々あるため、買主側から断られてしまう可能性もあります。
「数年前にきちんと測量してもらったばかり」というような状態であればその測量図を使ってもまず問題ないでしょうが、測量図がない場合やあっても古い場合は、その土地取引を円滑に進めるためにも、土地の境界と面積を今一度正確な測量技術で明確にして、買主に安心感を与えることが必要です。

土地売却の際の境界確定測量の費用の目安は?測量は誰に頼むべき?

土地売却をスムーズにするために必要な境界確定測量ですが、気になるのはその費用です。
境界確定測量にかかる費用総額の目安は、100㎡程度の土地で60万円~100万円程度です。
境界確定測量は官民立ち合いが必要となる分、一般的な現況測量よりも費用がかさみます。
また、隣地所有者の数が多くなればなるほど、立ち合いの人数や必要な日にちなども増えるため高くなりがちです。
そして、この境界確定測量を誰に依頼するべきか、という点ですが、測量士ではなく土地家屋調査士に依頼しましょう。
測量士も測量はできますが登記を目的とする測量はできません。
これに対して土地家屋調査士は測量と登記業務の両方ができるという強みがあるため、土地家屋調査士に依頼するのが正解となるのです。
なお、先ほど100㎡程度の境界確定測量の費用総額の目安は60万円~100万円程度、とのべましたが、測量費は土地家屋調査士によって多少の差があるので、何人かの土地家屋調査士に見積りを依頼して比較検討するといいでしょう。

まとめ

相続した土地は測量図が古く正確な情報ではない可能性が高いですから、境界確定測量をすることが必要です。
境界確定測量の依頼先は、測量だけでなく登記業務もできる土地家屋調査士に依頼しましょう。
費用の目安は60万円~100万円程度ですが、相見積もりをとって費用的にも納得がいくところに依頼しましょう。
私たち中山産業株式会社は、お客様を第一に考え様々なご相談をお受けいたします。
お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|家の相続税に関する注意点や等身大の解決策をご紹介!   記事一覧   知っておきたい土地分割!兄弟姉妹で土地を相続する時の注意点とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • 更新情報

  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    中山産業株式会社
    • 〒890-0056
    • 鹿児島県鹿児島市下荒田1丁目28-6
    • TEL/099-255-1381
    • FAX/099-250-6595
    • 鹿児島県知事 (11) 第1805号
  • 更新物件情報

  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る