中山産業株式会社 > 中山産業株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 不動産の売却は代理人に依頼できる?必要書類や注意点も確認しよう

不動産の売却は代理人に依頼できる?必要書類や注意点も確認しよう

≪ 前へ|相続した不動産の登記に必要な遺産分割協議書の書き方とは?   記事一覧   不動産の一部を売却したい方へ!分筆の手順と注意点について解説|次へ ≫

不動産の売却は代理人に依頼できる?必要書類や注意点も確認しよう

カテゴリ:不動産売却のための基礎知識

不動産の売却は代理人に依頼できる?必要書類や注意点も確認しよう

不動産を売却するときの売買契約は、原則として所有者本人が行うと決められています。
もし事情があって本人が立ち会えない場合は、どうしたらよいのでしょうか。
今回は不動産の売却を検討している方に向けて、どのようなケースだと代理人へ依頼できるのか、またそのときに必要な書類についてご説明します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産の売却を代理人に依頼できるケースとは?

不動産の取引では大きな金額が動きますから、売却は基本的に所有者本人が行います。
とくに売買契約をするときは、本人の立ち会いが必要です。
けれども、さまざまな事情で本人が足を運べないこともあるでしょう。
そのような場合は、代理人に行ってもらうことができます。
例として、いくつかのケースを挙げてみましょう。
まず、売ろうとしている物件が遠方にある場合。
遠くにある実家を相続して、現地まで行くことが難しいときなどは、代理人にお願いできます。
また相続の場合は、ひとつの不動産に複数の相続人がいることも考えられます。
その場合、相続人全員の予定を合わせるのは難しいため、代表者を決めて手続きすることが可能です。
他にも健康上の理由があるときや、仕事があってどうしても行けない状況のときなども依頼できます。

不動産の売却を代理人へ依頼する際に必要な書類とは?

不動産の売買契約を代理人にお願いする場合は、「代理権委任状」が必要です。
形式は決まっていませんが、記載するべき内容がありますから、きちんと理解しておきましょう。
一般的に委任状は、仲介する不動産会社が作成し、所有者が署名捺印します。
所有者の意向にそって作成されますが、署名捺印する前に記載されている事項についてしっかりと確認しましょう。
完成した委任状を使用して行われた契約は、所有者本人が契約したときと同等だとみなされますから、記載内容に誤りがないかをチェックすることがとても大切です。
物件の情報や契約の内容が合っているか、委任する範囲に間違いがないかについては、とくに注意しましょう。
また委任状の他にも、以下の書類が必要です。

●所有者本人と代理人それぞれの印鑑証明書と実印
●所有者本人と代理人それぞれの住民票
●代理人の本人確認ができる書類


これらの書類も、本人が取りに行けないときは代理で取得してもらえますから、覚えておきましょう。

まとめ

不動産を売るときは、所有者本人が手続きに行けなくても、代理人にお願いできます。
その場合は、委任状の内容をしっかりと確認するように心がけましょう。
信頼できる不動産会社に仲介してもらうと、より安心できるのでおすすめです。
私たち中山産業株式会社は、お客様を第一に考え様々なご相談をお受けいたします。
お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|相続した不動産の登記に必要な遺産分割協議書の書き方とは?   記事一覧   不動産の一部を売却したい方へ!分筆の手順と注意点について解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • 更新情報

  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    中山産業株式会社
    • 〒890-0056
    • 鹿児島県鹿児島市下荒田1丁目28-6
    • TEL/099-255-1381
    • FAX/099-250-6595
    • 鹿児島県知事 (11) 第1805号
  • 更新物件情報

  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る