中山産業株式会社 > 中山産業株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却にリフォームは必要?メリットやしないケースをご紹介!

不動産売却にリフォームは必要?メリットやしないケースをご紹介!

≪ 前へ|不動産の相続をして売却する際の流れとは?   記事一覧   不動産の相続をして売却する際の流れとは?|次へ ≫

不動産売却にリフォームは必要?メリットやしないケースをご紹介!

カテゴリ:不動産売却のための基礎知識

不動産売却にリフォームは必要?メリットやしないケースをご紹介!

不動産売却をご検討中の方にとっては、リフォームをするかお考えの方も多いかと思います。
リフォームをしてから不動産売却をするには、事前にそのメリットやデメリットをよく踏まえて判断することが大切です。
今回は、不動産売却におけるリフォームのメリットや必要な場合にかかる費用、リフォームをしないケースについても詳しくご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却の前にリフォームをするメリット

不動産売却の前にリフォームをするメリットとしては、物件の設備や見た目が良くなり、売れやすくなるといった点が挙げられます。
リフォームをすることで、家の中の設備を充実させるだけでなく、内装や外装の古臭さを取り除くことがポイントです。
綺麗にリフォームがされた物件は、見た目の印象が良く、内覧時に購入者の購買意欲を上げる効果があります。
そのため、早期売却がおこないやすいのがメリットです。
しかし、リフォームは趣味趣向や費用にも注意が必要になります。
リフォームの趣味が悪いと返って売れなくなってしまったり、大きな金額をかけてしまうと、その費用の回収ができず、損をしてしまうケースが多くあります。
不動産売却で利益を出すためには、基本的にはリフォームをしないほうが良いということも覚えておくようにしましょう。

不動産売却でリフォームが必要なケース

上述したように、不動産売却においては、必ずしもリフォームをしなければいけないわけではありません。
ですが家の外観や内装があまりにも古かったり、重要な設備が壊れてしまったりしていては、売却が難しいのも事実です。
そのような場合においては、不動産売却の前にリフォームが必要なケースと言えます。
リフォームをおこなう場合では、事前にかかる費用をよく考慮しておくようにしましょう。
価格の目安としては、フルリフォームで400万程度が相場とされています。
あまりにも費用がかかってしまうと、その分の回収が難しいため、100万円程度に抑えておくと理想的です。
まずはリフォームが必要な箇所の優先順位を決めて、費用を調整するようにしましょう。

リフォームをしないで不動産売却を成功させるコツ

リフォームをしないで不動産売却を上手におこなうには、最低限の修繕をすることが大切です。
住宅診断士が家の状態を調査するホームインスペクションやハウスクリーニングをおこなって、物件に不備がないよう、綺麗な状態にしておくようにしましょう。
ハウスクリーニングはリフォームと比べると簡易的ですが、家の状態をはるかに綺麗にできます。
リフォームをしない場合は、これらをおこなって売却活動を有利に進めることが大切です。

まとめ

今回は、不動産売却におけるリフォームのメリットや必要なケース、しない場合のポイントについてご紹介しました。
売却で損をしないためには、事前にこれらをよく理解しておくことが大切です。
ご紹介したポイントを押さえて、不動産売却の際の参考にしてみてください。
私たち中山産業株式会社は、お客様を第一に考えさまざまなご相談をお受けいたします。
お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産の相続をして売却する際の流れとは?   記事一覧   不動産の相続をして売却する際の流れとは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • 更新情報

  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    中山産業株式会社
    • 〒890-0056
    • 鹿児島県鹿児島市下荒田1丁目28-6
    • TEL/099-255-1381
    • FAX/099-250-6595
    • 鹿児島県知事 (11) 第1805号
  • 更新物件情報

  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る