中山産業株式会社 > 中山産業株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 不動産の一部を売却したい方へ!分筆の手順と注意点について解説

不動産の一部を売却したい方へ!分筆の手順と注意点について解説

≪ 前へ|不動産の売却は代理人に依頼できる?必要書類や注意点も確認しよう   記事一覧   不動産は生前贈与するほうがお得?相続税と比較して検証します!|次へ ≫

不動産の一部を売却したい方へ!分筆の手順と注意点について解説

カテゴリ:不動産売却のための基礎知識

不動産の一部を売却したい方へ!分筆の手順と注意点について解説

不動産の一部を売却しようと考えている方も多いのではないでしょうか?
所有している不動産を何度かに分けて売却するためには、分筆と呼ばれる作業を行う必要があります。
人によっては分筆とは一体何か疑問に感じているかもしれません。
これから不動産の一部を売却しようと考えている方のために分筆について解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産の一部を売却する前に知っておきたい分筆について

そもそも不動産の一部を売却できるのか疑問に感じていませんか?
まずはその疑問を解決し、そのあとで分筆について触れていきます。

所有している不動産の一部を売却できるのか

所有している不動産の一部を売却することは可能です。
売却するためには、分割した土地を一つの土地として認めてもらうための手続きを行わないといけません。
所有している不動産を管理し切れないもしくはまとまった資金を用意するために不動産の一部を売却しようと考えている方は分筆について勉強しておく必要があります。

分筆とは一体どのような作業なのか

分筆は一つの土地を複数に分けて土地台帳に登記し直す作業のことです。
売却するまでにいくつもの手順を踏まないといけません。

不動産の一部を売却する際に行う分筆の手順と注意点

不動産の一部を売却するためには、いろいろな人達と協力する必要があります。
最後に分筆の手順と注意点について解説するので、気になる方は一度参考にして頂きたいです。

分筆の手順

まずは土地家屋調査士に分筆に関する相談・依頼するところから始まります。
次に法務局や役所で土地の寸法や面積を確認し、売却する上でトラブルを避けることが大切です。
現地で予備調査を行い、役所と隣接する土地の所有者の立会いの下で境界を確認した上で合意します。
その後、境界標を設置し、確定した境界の測量を行わないといけません。
測量が済めば、図面や登記申請用の情報書類などを作成します。
分筆登記の申請をすれば完了です。
その後、不動産の売却を進めていくことになります。

分筆の注意点

分筆を行うためにはある程度の費用を用意しないといけません。
場合によっては100万円程度かかる可能性があります。
また、不動産の評価額が下がる可能性があるのも注意点の一つです。
土地家屋調査士への依頼料を確認するのはもちろん、分筆を行うかどうか一度検討することをおすすめします。

まとめ

分筆はどうしても時間がかかるので、不動産の一部を売却したいと考えている方はなるべく早めに動いてはいかがでしょうか?
どのくらいかかるかはケースバイケースです。
遺産相続などでトラブルを起こさないためにも、信頼できる土地家屋調査士に一度相談することをおすすめします。
私たち中山産業株式会社は、お客様を第一に考え様々なご相談をお受けいたします。
お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産の売却は代理人に依頼できる?必要書類や注意点も確認しよう   記事一覧   不動産は生前贈与するほうがお得?相続税と比較して検証します!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • 更新情報

  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    中山産業株式会社
    • 〒890-0056
    • 鹿児島県鹿児島市下荒田1丁目28-6
    • TEL/099-255-1381
    • FAX/099-250-6595
    • 鹿児島県知事 (11) 第1805号
  • 更新物件情報

  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る