中山産業株式会社 > 中山産業株式会社のスタッフブログ記事一覧 > マンション売却に伴うリフォームは不要!その理由とリフォームを行う場合の費用相場

マンション売却に伴うリフォームは不要!その理由とリフォームを行う場合の費用相場

≪ 前へ|不動産売却では市街化調整区域は不利?売る方法や注意点を紹介   記事一覧   相続した不動産を売却したいとき 必要書類と権利書紛失時の対処法|次へ ≫

マンション売却に伴うリフォームは不要!その理由とリフォームを行う場合の費用相場

カテゴリ:不動産売却のための基礎知識

マンション売却に伴うリフォームは不要!その理由とリフォームを行う場合の費用相場

いざマンション売却しようと決めたものの、家の傷みが激しかったり築年数が経っていると「リフォームしないと買い手が付かないかも…」と心配になったり、「リフォームした方が高く売れるのでは?」と思われる方もいらっしゃるでしょう。
しかし、基本的にはマンションを売却する前のリフォームは不要です。
今回は、売却前のリフォームが不要な理由とリフォームを行う場合にかかる費用の相場についてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

マンション売却前のリフォームが不要な理由

マンションを売却する前にリフォームしない方がいい理由は主に2つあります。
1つ目は、リフォームには費用がかかりますが、リフォームしたからといって売却費用にリフォーム費用を上乗せできるとは限らないことです。
希望通りの価格で売却できなかった場合、リフォーム費用分の損をしかねません。
また、費用だけでなくリフォームを行うための手間や、リフォームにかかる期間の分だけ売却に出せる期間も延びてしまうというデメリットもあります。
そして2つ目の理由は、買い手が自由にリノベーションできなくなることです。
近年DIYの流行に伴い、あえて安くて築年数の古い物件を購入し、自分たちで好きなようにリノベーションする人が増えています。
築年数の古い物件の買い手は、自分好みにリノベーションをしたいという人が圧倒的に多いため、売却前にリフォームをして余計な手を加えてしまうことで逆に買い手が付きづらくなる可能性があります。
そのため、築年数が古いからといってリフォームせずに、あえて古さを残したまま売却するのが賢明でしょう。

マンション売却時には不要といわれているリフォームをする場合の費用の相場は?

マンション売却前のリフォームは不要なケースが多いですが、すぐに新しい家を見つけたい人にとってはリフォーム済のマンションは好都合です。
同じマンションでいくつも売りに出ている場合など、リフォームをした方が有利に売却できるケースも中にはあります。
では、リフォームをするとどれくらいの費用がかかるのでしょうか。
リフォームする箇所によって費用は異なりますが、例えばリフォームすることが多い水回りだと、洗面所は20万円前後、トイレは10~20万円、浴槽は50~150万円、キッチンは10~30万円が相場です。
外壁リフォームを行う場合は、外壁だけで150~300万円のリフォーム費用がかかります。

まとめ

せっかく費用をかけてリフォームしても、そのせいで買い手が付きにくいという事態は避けたいですよね。
リフォームすべきかどうかは売却前に不動産会社に相談していただくといいかもしれません。
マンション売却をお考えの方はぜひ参考にしてくださいね。
私たち中山産業株式会社は、お客様を第一に考え様々なご相談をお受けいたします。
お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産売却では市街化調整区域は不利?売る方法や注意点を紹介   記事一覧   相続した不動産を売却したいとき 必要書類と権利書紛失時の対処法|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • 更新情報

  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    中山産業株式会社
    • 〒890-0056
    • 鹿児島県鹿児島市下荒田1丁目28-6
    • TEL/099-255-1381
    • FAX/099-250-6595
    • 鹿児島県知事 (11) 第1805号
  • 更新物件情報

  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る