中山産業株式会社 > 中山産業株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 限界マンションとは?知っておきたい築年数の目安と予防策

限界マンションとは?知っておきたい築年数の目安と予防策

≪ 前へ|不動産を売却する前に庭石を処分したい!どこに処分を依頼するべき?   記事一覧   マイホームにコンセントはいくつ必要?目安となる数と注意点を解説|次へ ≫

限界マンションとは?知っておきたい築年数の目安と予防策

カテゴリ:不動産売却のための基礎知識

限界マンションとは?知っておきたい築年数の目安と予防策

「限界マンション」というワードを聞いたことがあるでしょうか?
その名の通り「維持管理の限界をむかえたマンション」のことです。
築年数だけでなく、維持管理が難しくなることで老朽化と空室化が進む「限界マンション」は空き家問題のひとつなのです。
マンションに住んでいる人にとっては、心配な話ですよね。
そこで、限界マンションとなる築年数の目安や売却方法、予防策などをご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

限界マンションと築年数の目安とは?

メンテナンスの有無によって違いはありますが、限界マンションには築年数が少なからず関係しています。
目安として築30~50年のマンションでは建て替えや大規模修繕が必要です。
これらのメンテナンスを行う環境が整っていない場合は限界マンションになる危険性が高くなると考えられます。
反対にメンテナンスを定期的に行っているマンションでは、50年を過ぎても限界マンションとはよばれません。

限界マンションの売却方法とは?

マンションは築20年を超えると、資産価値が大幅に下がりはじめます。
立地が良く、適正に維持されているマンションであればいいのですが、空室が増えているなどの不安があるなら早めに売却するのも選択肢のひとつです。
売却するときは、マンションの査定額を信頼のできる会社に出してもらいましょう。
また、すでに限界マンションに住んでいる場合は「価格を下げて売る」他に、マンションの建て替えを計画している「不動産会社が買い取ってくれる」場合もあります。
どちらにしても、不動産会社に相談して情報を集めるのがコツです。

限界マンションになる理由と予防策とは?

限界マンションになる理由はいくつかあります。

●建物の劣化に対して修繕やメンテナンスをおこなわない
●空室が増え管理費や修繕積立金が計画通り回収できない
●管理組合の機能不全で大規模修繕などの提案や計画がされない…など


このような理由で負のサイクルがおきてしまうと、限界マンションに近づいてしまいます。
予防策としては、マンションの状態に合わせて修繕やメンテナンスを計画的に行い、空室を増やさないことです。
そのためには、管理組合の総会や議事録などで修繕計画を共有するなど、マンションの将来に関心を持つことをおすすめします。

まとめ

限界マンションは築年数だけではなく、必要な修繕やメンテナンスをおこなわないことで起きてしまいます。
マンションの将来に関心を持ち予防策を立てても、自分一人では止められないこともあるので、そのときは売却方法の検討も必要かもしれませんね。
私たち中山産業株式会社は、お客様を第一に考え様々なご相談をお受けいたします。
お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産を売却する前に庭石を処分したい!どこに処分を依頼するべき?   記事一覧   マイホームにコンセントはいくつ必要?目安となる数と注意点を解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • 更新情報

  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    中山産業株式会社
    • 〒890-0056
    • 鹿児島県鹿児島市下荒田1丁目28-6
    • TEL/099-255-1381
    • FAX/099-250-6595
    • 鹿児島県知事 (11) 第1805号
  • 更新物件情報

  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る