中山産業株式会社 > 中山産業株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 不動産の売却時に庭木はどうする?どんな処分方法や注意点があるかチェック!

不動産の売却時に庭木はどうする?どんな処分方法や注意点があるかチェック!

≪ 前へ|マイホームにコンセントはいくつ必要?目安となる数と注意点を解説   記事一覧   不動産売却でオープンハウスを開催するための費用やメリットは?|次へ ≫

不動産の売却時に庭木はどうする?どんな処分方法や注意点があるかチェック!

カテゴリ:不動産売却のための基礎知識

不動産の売却時に庭木はどうする?どんな処分方法や注意点があるかチェック!

庭付きの不動産などを売却する際、庭木はそのままでよいのか、処分したほうがよいのかと迷う人は意外と多いです。
一般的な不動産売却において、庭木はどうするのがベストなのでしょうか?
今回は不動産売却時の"庭木"に注目し、処分すべきかどうかや処分方法、庭木のある家を売却する際の注意点などについてお伝えしたいと思います。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却時に庭木をどうするのがよいのか?

結論から言うと、不動産売却において庭木をどうするのがよいかは「ケースバイケース」です。
一般的には、庭には庭木や植物などがないほうが売却しやすいといわれています。
これは購入希望者が、日当たりのよさや前住人の気配の有無を気にするケースが多いためです。
また、庭木がきれいだからといって不動産売却時の査定や売却価格に反映されることは、ほぼないのも現実です。
しかし、庭全体がきれいに管理されていて庭木も剪定などこまめに手入れされていれば、購入希望者によい印象を与えることは可能ですし、気に入ってそのまま引き継いで住まう人もいます。
一方で、中古戸建て住宅の購入希望者は自分たちでリノベーションやDIYを楽しみたい人が増えている傾向にあります。
その場合、どんなに手入れの行き届いた庭木でも、自由に庭を使う際には必要のないものになってしまいます。
また、住宅購入を考える比較的若い世代では「虫が付くのが嫌」「剪定などの手入れが大変」といった理由から、庭木だけでなく土部分もコンクリートにする人が多いといった背景もあり、庭自体もシンプルなものが好まれます。
したがって、庭木を含む庭全体の状態などを考慮したうえで、庭木をどうするかは不動産会社としっかり相談して決めるのがよいでしょう。

不動産売却時の適切な庭木の処分方法とは

いざ庭木を処分することになった場合、処分方法や費用はどれくらいかかるのでしょうか。
通常、庭木の処分や庭の草刈りなどは、造園業者、産廃処理業者などに依頼します。
その場合、次のような項目の費用がかかります。

●作業代×人数×時間
●出張費×人数
●機械・重機使用費
●廃棄物処分費(木・草など)


作業台の相場は業者にもよりますが、だいたい3,000円前後といわれています。
もちろん自分で草刈りなどおこなってもよいですが、庭木の処分は危険も伴い、根の処理など素人がおこなうのはかなり至難の業なので業者にお願いすることをおすすめします。

まとめ

不動産売却時の庭木をどうするのかは不動産会社とよく相談し、購入希望者の意向があればそれに沿いながら決めていきます。
庭木がある状態で売買契約を結ぶ場合は、庭木の撤去の有無と費用負担者を契約書に明記しておく必要があるという点を押さえておきましょう。
処分することになった場合の処分方法は多少費用がかかりますが、根の掘削や廃棄物の処理を考えると業者へ依頼することをおすすめします。
私たち中山産業株式会社は、お客様を第一に考えさまざまなご相談をお受けいたします。
お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|マイホームにコンセントはいくつ必要?目安となる数と注意点を解説   記事一覧   不動産売却でオープンハウスを開催するための費用やメリットは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • 更新情報

  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    中山産業株式会社
    • 〒890-0056
    • 鹿児島県鹿児島市下荒田1丁目28-6
    • TEL/099-255-1381
    • FAX/099-250-6595
    • 鹿児島県知事 (11) 第1805号
  • 更新物件情報

  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る