中山産業株式会社 > 中山産業株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 平屋は売却しにくいといわれるが実際どうなのか

平屋は売却しにくいといわれるが実際どうなのか

≪ 前へ|駅チカの戸建ては高値で売却しやすい!駅チカ以外の売れやすい条件もチェック!    記事一覧   不動産相続の売却するタイミングごとのメリットや注意ポイントとは|次へ ≫

平屋は売却しにくいといわれるが実際どうなのか

カテゴリ:不動産売却のための基礎知識

平屋は売却しにくいといわれるが実際どうなのか

不動産査定を検討している方のなかには、売れるのかどうか不安になっている方もいるのではないでしょうか。
とくに、何かしらの理由があって、早めに売らなくてはいけないようなケースでは、売れるのか、それとも売れにくいのかは知りたいところです。
本記事では、平屋売却において、売れにくいといわれる理由や、実際のメリットとデメリットについて解説しましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

平屋売却で売れにくいといわれる理由の実際は?

平屋は売却しにくい、売れにくいといわれる理由は、人数の多い家族で住みにくいことが挙げられます。
相当広い面積の住宅ならともかく、そうでない場合には居住スペースが少なく、暮らしにくいのです。
実際、このようなケースは多く、そのため販売しにくいといわれています。
また、この手の住宅を求める方は、こだわりが強いケースが多く、条件に合わないとなかなか購入に結びつきません。
これも、売れにくいといわれている理由のひとつでしょう。
ただ、一定のニーズがあるのも事実です。
このタイプの住宅は階段がないため、高齢層から人気があります。
そのため、絶対に売れないといったわけではありません。

平屋売却における実際のメリットとデメリット

平屋売却における、実際のメリットとデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。
メリットとしては、バリアフリーを実現できるため、高齢層のニーズにマッチすることが挙げられます。
デメリットは、外から中が見えやすくプライバシーを確保しづらい、大人数の家族に適さない、などがあります。
売るコツとしては、リフォームが挙げられます。
リフォームを施し、新たな価値を付与してあげれば、売れやすくなります。
とくに、築年数の古い住宅なら、リフォームで見違えるようになるでしょう。
リフォームとまではいかずとも、部分的な修繕をするだけでも、売れやすさが変わります。
市場価値がほとんどないようなケースでは、更地にしてから売るのもひとつの手です。
解体費用が発生するので、事前に工事業者に見積もりを提出してもらいましょう。

まとめ

平屋には一定のニーズはあるものの、売れにくいといわれているのも事実です。
ただし、本記事でお伝えしたように、リフォームや修繕を施せば売れる確率はぐっと上がるでしょう。
なかなか買い手が見つからないときには、買取専門の不動産会社に相談するのもひとつの手です。
買取専門の不動産会社なら、自ら買い取ってくれるため、買主を探す必要がありません。
私たち中山産業株式会社は、お客様を第一に考えさまざまなご相談をお受けいたします。
お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|駅チカの戸建ては高値で売却しやすい!駅チカ以外の売れやすい条件もチェック!    記事一覧   不動産相続の売却するタイミングごとのメリットや注意ポイントとは|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • 更新情報

  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    中山産業株式会社
    • 〒890-0056
    • 鹿児島県鹿児島市下荒田1丁目28-6
    • TEL/099-255-1381
    • FAX/099-250-6595
    • 鹿児島県知事 (11) 第1805号
  • 更新物件情報

  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る