中山産業株式会社 > 中山産業株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 狭小地の不動産を売却したい!売れない理由と売る方法をご紹介

狭小地の不動産を売却したい!売れない理由と売る方法をご紹介

≪ 前へ|不動産相続の売却するタイミングごとのメリットや注意ポイントとは   記事一覧   太陽光発電付きの不動産を売却したい!高く売れるケースや売却のコツとは?|次へ ≫

狭小地の不動産を売却したい!売れない理由と売る方法をご紹介

カテゴリ:不動産売却のための基礎知識

狭小地の不動産を売却したい!売れない理由と売る方法をご紹介

狭小地の不動産はあまり人気がないため、新しい買い手がなかなか見つからないと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
狭小地を売るためには、土地の特徴を把握しつつ、無理のない売却計画を立てることが大切です。
今回は狭小地の売却を考えている方に向けて、狭小地の不動産が売れない理由とスムーズに売る方法をご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

狭小地の不動産は売却しにくい?売れない理由とは

狭小地とは15坪もしくは20坪以下の小さい土地のことで、その形はそれぞれ異なります。
十分な面積を持つ土地であれば、戸建てや賃貸マンション、畑などさまざまな用途に使われるため、売却に困ることはほとんどありません。
しかし、狭小地の場合は狭すぎたり、三角形や台形など土地の形が特殊で活用しづらかったりするなど、使い道が限られてしまうデメリットがあります。
ビルに囲まれている狭小地の場合、日当たりが悪く居住地には向かないなどの懸念もあるでしょう。
また、狭小地は狭いだけではなく、他人所有の建物や土地に囲まれていたり、細い路地に接していたりする場合もあります。
そのため大型の重機が入りにくく、材料の運搬や建設作業に時間がかかってしまいます。
土地の場所や形状によっては重機が入らないことも多く、建築計画を変更することも少なくありません。

狭小地の不動産をスムーズに売却する方法と注意点

広さや形状の問題で使い道を見出しにくい狭小地を売りたい場合、売却実績の豊富な不動産会社にご相談ください。
プロの視点でその土地の魅力をアピールすることで、買い手が見つかる可能性も高まります。
また、狭小地は比較的高額で売りにくいものですが、不動産会社に依頼すれば相場以上での売却も期待できるでしょう。
隣地の持ち主に声をかけてみるのも一つの方法です。
狭小地の隣地は同じ狭小地である場合が多く、自身の土地と合わせることで一般的な利用しやすい土地になります。
隣地の持ち主にとってもメリットのある売買となるでしょう。
売り手自身がその土地の良さや使い道を把握して、しっかりアピールできるようにしておくことが重要です。
希望者の内覧に同行する際、きちんと説明できるように準備しておきましょう。

まとめ

狭小地は面積が狭かったり、ほかの建物に囲まれて重機が入りにくかったりするなど、デメリットを多く持っています。
しかし、形や周辺環境、エリアによっては十分に需要があります。
まずは買い手にアピールできるポイントを探してみましょう。
私たち中山産業株式会社は、お客様を第一に考えさまざまなご相談をお受けいたします。
お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産相続の売却するタイミングごとのメリットや注意ポイントとは   記事一覧   太陽光発電付きの不動産を売却したい!高く売れるケースや売却のコツとは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • 更新情報

  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    中山産業株式会社
    • 〒890-0056
    • 鹿児島県鹿児島市下荒田1丁目28-6
    • TEL/099-255-1381
    • FAX/099-250-6595
    • 鹿児島県知事 (11) 第1805号
  • 更新物件情報

  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る