中山産業株式会社 > 中山産業株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 太陽光発電付きの不動産を売却したい!高く売れるケースや売却のコツとは?

太陽光発電付きの不動産を売却したい!高く売れるケースや売却のコツとは?

≪ 前へ|狭小地の不動産を売却したい!売れない理由と売る方法をご紹介   記事一覧   不動産相続における小規模宅地等の特例とは?節税効果や対象範囲を徹底解説|次へ ≫

太陽光発電付きの不動産を売却したい!高く売れるケースや売却のコツとは?

カテゴリ:不動産売却のための基礎知識

太陽光発電付きの不動産を売却したい!高く売れるケースや売却のコツとは?

住まいに太陽光発電を設置する方が増えている一方で、太陽光発電付き不動産の売却を希望される方も少なくありません。
そして、太陽光発電付き不動産の売却を検討されている方の多くが、「設置費用がかかったぶん、高値で売却したい」とお考えでしょう。
今回は、太陽光発電付き不動産の売却額が高くなるケースや売却する際のコツを解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

太陽光発電付き不動産の売却額が高くなるケースとは?

太陽光発電付き不動産の売却額が、高くなるケースとして考えられるのは2つです。
まず1つ目が、売電期間が長く残っているケースです。
太陽光発電付き住宅を購入すると、太陽光発電の設置から10年にわたり、電力会社が一定価格で電力を買取してくれる、「再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT制度)」を受けられます。
たとえば、太陽光発電の設置から3年で住まいを売却する場合には、FIT制度を受けられる期間が、あと7年も残っていることになります。
年間20万円の売電収入があるとすると、7年間では140万円もの収入になるのです。
こうしたケースの物件は、通常の売却価格よりも上乗せした価格で、売却できる可能性が高くなります。
そして2つ目が、蓄電池を導入済みであるケースです。
発電した電力を蓄えておける蓄電池があれば、貯めておいた電力で家電を動かしたりお湯を沸かしたりできます。
年間数万円~数十万円の電気代を節約できるうえ停電時にも役立つため、FIT制度期間が終了しても、太陽光発電が無駄になりません。
こうした理由から、蓄電池が導入された物件が、相場より数十万円~100万円ほど高く売れるケースは少なくないのです。

太陽光発電付きの不動産を売却するコツとは?

太陽光発電付き不動産を売却するコツは、太陽光発電の収支を提示し、買主に実績を示すことです。
最低でも1年間の売電実績を用意しましょう。
くわえて、メンテナンス記録も整理しておくと、定期点検をおこないながら丁寧に扱ってきたことを伝えられます。
さらに、交換して間もない部品があれば、その部品に関してはしばらく交換がいらないこともアピールできるでしょう。
このように、買主側にメリットがあることを証明できれば、希望する条件でのスムーズな売却が叶いやすくなるのです。

まとめ

FIT制度期間が長く残っていたり、蓄電池が導入済みであったりする場合には、通常の売却価格よりも高い価格で売却できる可能性があります。
また、太陽光発電の収支を買主に提示し実績を示せれば、より良い条件でスムーズに売却できるでしょう。
この記事を参考に、太陽光発電付き不動産の売却成功を目指してください。
私たち中山産業株式会社は、お客様を第一に考えさまざまなご相談をお受けいたします。
お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|狭小地の不動産を売却したい!売れない理由と売る方法をご紹介   記事一覧   不動産相続における小規模宅地等の特例とは?節税効果や対象範囲を徹底解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • 更新情報

  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    中山産業株式会社
    • 〒890-0056
    • 鹿児島県鹿児島市下荒田1丁目28-6
    • TEL/099-255-1381
    • FAX/099-250-6595
    • 鹿児島県知事 (11) 第1805号
  • 更新物件情報

  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る