中山産業株式会社 > 中山産業株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 土地の購入を検討している方は必見!土地購入時の手付金は必要?

土地の購入を検討している方は必見!土地購入時の手付金は必要?

≪ 前へ|相続した不動産を売却したい!かかる税金や節税方法について   記事一覧   不動産売却時に気を付けたい心理的瑕疵!告知義務に注意しよう|次へ ≫

土地の購入を検討している方は必見!土地購入時の手付金は必要?

カテゴリ:不動産売却のための基礎知識

土地の購入を検討している方は必見!土地購入時の手付金は必要?

これから土地を購入しようとしている方にとって、気になるのがやはりお金の話。
とくに最初に支払う手付金について、詳しく知りたいという方も多いでしょう。
今回は、土地購入時の手付金の種類や相場、払えない場合の対策までまとめて解説しますので、ぜひ目を通してみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

土地購入時の手付金の意味は?手付金の種類もチェック!

土地を購入する際の手付金とは、売買契約締結時に買主が売主に支払う前払い金です。
売買契約書にサインし手付金を支払うことで、契約が成立したことになります。
手付金は現金で支払われるケースが多く、売買契約をおこなう日に直接渡します。
万が一契約をキャンセルしたくなった場合、契約時に支払った手付金は返金されないため注意が必要です。
手付金の種類は3種類あるので、それぞれご紹介します。

解約手付

解約手付とは、買主が手付金を放棄すれば解約できるというもの。
反対に売主が契約をキャンセルしたい場合は、手付金の倍の金額を返却することになります。

証約手付

手付金を支払うことで、買主が土地を購入する意思表示になります。
売主側も手付金を受け取ることで、他の方に土地を売却しないという意思表示になり、契約成立の証拠になります。

違約手付

買主と売主どちらでも債務不履行になった場合、違約手付になります。
買主が債務不履行になった場合は手付金が違約金になり、売主が債務不履行になった場合は、手付金を返金しさらに追加の違約金を支払わなければいけません。

土地を購入するときの手付金の相場は?払えないときの対策は?

手付金の相場

手付金は決まった金額はありませんが、一般的に売買価格の5~10%、高くても20%が相場です。
あくまでも目安ですので、中には解約されないように高く設定しているケースや、反対に早く売却するため安めにするケースもあります。

手付金を払えないときの対策

手付金の相場は10%と言っても、売買価格によっては現金で用意するのが難しい場合もあるでしょう。
対策としては、まず売主と交渉する方法があります。
手付金の金額は決められているわけではないため、交渉によって手付金の額を下げてもらえるかもしれません。
また、住宅ローンを利用するのもひとつの手です。
住宅ローンは土地だけでは審査が通りませんが、のちに一軒家を建てるのであればつなぎ融資が受けられます。
ただし、住宅ローンの申し込みと審査が必要になるため、事前に建物の見積書を出さなければいけません。

まとめ

土地を購入するときに、事前に支払うことになる手付金。
手付金を支払えない場合は、売主や不動産会社と交渉したり、住宅ローンを利用したりといった対策をおこないましょう。
私たち中山産業株式会社は、お客様を第一に考えさまざまなご相談をお受けいたします。
お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|相続した不動産を売却したい!かかる税金や節税方法について   記事一覧   不動産売却時に気を付けたい心理的瑕疵!告知義務に注意しよう|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • 更新情報

  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    中山産業株式会社
    • 〒890-0056
    • 鹿児島県鹿児島市下荒田1丁目28-6
    • TEL/099-255-1381
    • FAX/099-250-6595
    • 鹿児島県知事 (11) 第1805号
  • 更新物件情報

  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る