中山産業株式会社 > 中山産業株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却における「按分」とは?言葉の意味と按分を決める方法

不動産売却における「按分」とは?言葉の意味と按分を決める方法

≪ 前へ|不動産売却までの流れ   記事一覧   不動産を売却したときにかかる「消費税」は?|次へ ≫

不動産売却における「按分」とは?言葉の意味と按分を決める方法

カテゴリ:不動産売却のための基礎知識

不動産売却における「按分」とは?言葉の意味と按分を決める方法

お持ちの不動産を売却しようとしたとき、時期や価格などさまざまなことを決める必要があります。
「按分」の決定もそのなかのひとつですが、不動産売却における「按分」とはどういった意味を持つのでしょうか。
今回は不動産売却を検討している方に向けて、不動産売却における按分の意味と、按分を決める方法についてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却における「按分」とはいったい何?

家を売る際、はじめに価格について考える方が多いのではないでしょうか。
一般的に不動産は土地と建物がセットで売られていますが、実はそれぞれに明確な価格付けがなされています。
広告では1つの価格しか表記されないため、家を購入する方には土地と建物でそれぞれ価格があることを知らない方もいらっしゃるかもしれません。
不動産の売却を検討するにあたって、土地と建物の価格を決めることを按分と言います。
売却価格を決めるときに按分が大切になる理由は、土地は非課税なのに対して建物は課税対象のため、それぞれの価格の割合によって支払うべき税金額が異なるためです。
広告に書いてある売却価格は、土地と建物の価格に建物の消費税を足した額であり、売主にとっては土地価格割合が大きいほど手元に残るお金が増えます。
対して買主の立場から見ると、支払った税金に対する控除制度があるため、建物の価格が高いほうがメリットは大きいです。
このように、価格の按分は売主買主双方にとって重要なポイントだと言えるでしょう。
どちらもが納得のいく取引をするためには、適切な方法で価格の按分を決めることが大切です。

不動産売却の際に按分を決める方法とは

売却価格の按分を決める方法に制限はありませんが、主な方法として以下の4つがあります。
1つ目は、当事者間で話し合って決定する方法です。
按分の割合によっては片方の負担が大きくなる可能性があるため、慎重に話し合いを進める必要があります。
2つ目は、不動産を購入した当時の価格を参考にして、按分を算出する方法です。
購入価格の内訳を確認し、消費税の金額から建物や土地の価格を調べられます。
不動産価格は景気や地価、建物の築年数によって大きく変わるため、参考のひとつとして利用するのが良いでしょう。
3つ目は、固定資産税評価額を用いる方法です。
固定資産税評価額とは、市町村が固定資産税を決めるための基準として、毎年定めている評価額を指します。
市町村による評価のため公平性が高く、土地と建物それぞれに評価額があるため、算出しやすいのがメリットです。
4つ目は、不動産鑑定士に相談する方法です。
買主に話し合いで納得してもらえない場合、プロによる査定に基づくものだと伝えることによって説得力が増します。
どれか1つを選ぶというよりも、いろいろな方法で算出しながら按分を決めるのが望ましいです。

まとめ

不動産を売却するにあたって、不動産価格の按分を決めることは重要なポイントのひとつだと言えます。
自分の利益を求めるだけでなく公平な視点から価格を算出し、買主に納得してもらった上で取引できるようにしましょう。
私たち中山産業株式会社は、お客様を第一に考えさまざまなご相談をお受けいたします。
お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産売却までの流れ   記事一覧   不動産を売却したときにかかる「消費税」は?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • 更新情報

  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    中山産業株式会社
    • 〒890-0056
    • 鹿児島県鹿児島市下荒田1丁目28-6
    • TEL/099-255-1381
    • FAX/099-250-6595
    • 鹿児島県知事 (11) 第1805号
  • 更新物件情報

  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る