中山産業株式会社 > 中山産業株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 不動産を売却したときにかかる「消費税」は?

不動産を売却したときにかかる「消費税」は?

≪ 前へ|不動産売却で引き渡しの際に必要な書類とは   記事一覧   不動産売却の公簿売買で発生しやすいトラブルとは?|次へ ≫

不動産を売却したときにかかる「消費税」は?

カテゴリ:不動産売却のための基礎知識

不動産を売却したときにかかる「消費税」は?

「消費税」は、一般消費者が事業者を通して、納税します。
「消費税」の課税対象となる取引は、「消費税法」に規定されています。
ここでは、不動産を売却したときにかかる「消費税」に関して、課税となる場合と非課税となる場合についてまとめましたので、不動産の売却を検討中の方は良ければ参考にしてみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産を売却したときにかかる「消費税」は?課税となる場合

不動産の売却は、「資産の譲渡」という行為にあたります。
国内における取引で、この行為を「事業者」としておこなう場合には「消費税」がかかります。
ただし、個人事業主や法人を「事業者」と言いますが、「事業者」でも消費税の納税義務がある「課税事業者」の場合に「消費税」がかかり、消費税の納税義務のない「免税事業者」は消費税がかかりません。
また、個人でも以下のものは消費税が課税されるため、注意しましょう。

●課税事業者である不動産会社の仲介手数料
●融資を受けた場合の一括繰り上げ返済手数料


ただし、インターネットを通じて繰り上げ返済した場合は、手数料が無料となり消費税がかからないケースもあります。

●抵当権抹消登記を依頼した場合に支払う、司法書士への報酬

不動産を売却したときにかかる「消費税」は?非課税となる場合

まず、「事業者」ではない「個人」がおこなう不動産の売却の場合、「消費税」はかかりません。
また、課税期間に係る基準期間における課税売上高が1000万円以下の事業者の場合、納税の義務が免除されます。
ただし、基準期間における課税売上高が1000万円以下でも特定期間における課税売上高が1000万円を超えた場合、その課税期間から課税事業者となります。
そして、土地は消費されないため、土地の売却は「消費税」の非課税対象となるのです。
たとえば土地を更地で取得し造成工事をおこなって販売する場合、造成工事費には「消費税」が含まれており、「消費税」を含んだ造成工事費を、売主は土地の販売価格に上乗せし販売します。
造成工事に関わる「消費税」は造成工事業者が納税しますが、土地代金を支払う買主が、結果的に消費税分を負担していることになります。
建物に関しては、住宅を建築するときや購入するときに「消費税」がかかっていますが、中古住宅として売却する場合、個人の所有者が事業として販売しない場合は非課税となります。

まとめ

不動産を売却したときにかかる「消費税」は、課税となる場合と非課税となる場合があります。
それぞれ、どのようなケースで課税、非課税となるか把握しておくと良いでしょう。
私たち中山産業株式会社は、お客様を第一に考えさまざまなご相談をお受けいたします。
お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産売却で引き渡しの際に必要な書類とは   記事一覧   不動産売却の公簿売買で発生しやすいトラブルとは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • 更新情報

  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    中山産業株式会社
    • 〒890-0056
    • 鹿児島県鹿児島市下荒田1丁目28-6
    • TEL/099-255-1381
    • FAX/099-250-6595
    • 鹿児島県知事 (11) 第1805号
  • 更新物件情報

  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る