中山産業株式会社 > 中山産業株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 平家建ての不動産は需要が薄いって本当?平屋を売却するコツもご紹介!

平家建ての不動産は需要が薄いって本当?平屋を売却するコツもご紹介!

≪ 前へ|不動産売却時に使う建築確認通知書を紛失した場合の対処法とは   記事一覧   気付かれずに不動産売却するにはどうしたら良いの?|次へ ≫

平家建ての不動産は需要が薄いって本当?平屋を売却するコツもご紹介!

カテゴリ:不動産売却のための基礎知識

平家建ての不動産は需要が薄いって本当?平屋を売却するコツもご紹介!

平屋は二階建ての家より、売却しづらいと言われていますが、実際には不動産市場において、どのくらいの需要を期待できるのでしょうか?
また、どのような点に気を付けて販促活動を進めたらよいのか、早期売却を実現する方法や売れ残りを防ぐコツを不動産を売りに出す前に押さえておきたいものです。
今回の記事では、平屋の需要および売却方法について解説しているので、お住まいを売りに出す際の参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却前に知っておきたい平屋の需要とは

平屋は建坪の関係で部屋数が少ない物件も多く、ファミリー層や大家族には不向きですが、高齢者の方たちからは人気の高い不動産です。
その背景には、若い頃は元気な方であっても、年齢を重ねるとともに足腰などに慢性痛を抱える高齢者が多く、階段の上り下りをせずに暮らせるお住まいを好むことが挙げられます。
また「庭を眺めながら余生をのんびり過ごせる」、「家事の負担を軽減できる」との理由から一階建ての家を選ぶ方もいます。
さらに、子どもが親元から巣立ち、夫婦二人暮らしとなったタイミングで、自分たちの老後を考えて現在暮らしている家を売却して、一階建ての不動産を購入する方も多いものです。
最近では若い世代でも、子どもに目が届きやすいことや、一生長く暮らせる家を手に入れたいなどの理由から、平屋をお求めになるご家族が増えています。
このように、時代の流れによるライフスタイルや考え方の変化によって、平屋への需要が年々、右肩上がりに上昇しているので、お住まいの売却を検討してみてもよいでしょう。。

平屋建ての不動産を売る前に知っておきたい売却方法とは

不動産として一定の需要を期待できる平屋であっても、老朽化が激しいお住まいを現状の形で売却することは難しくなります。
また、仲介売却により不動産を処分した場合には、売買契約成立後も売主に契約不適合責任が生じるため、物件になんらかの瑕疵が見付かった場合には、損害賠償に問われる可能性があります。
そのような場合には、解体をして更地にしたほうが成約に至りやすく、契約不適合責任も回避できます。
一方で、建物の状態がよい場合には、外壁や水まわりなどの劣化が目立つ部分だけをリフォームするだけで、成約率が高くなります。
ただし、お部屋全体をリフォームし、工事費を販売価格に上乗せすると逆に売りづらくなるため、大掛かりなリノベーション工事などは控えたほうが無難です。
購入した中古住宅をライフスタイルに合わせて、リフォームしたいと考えているお客様からのお問い合わせも多いため、必要最小限度の補修工事で終えて、その分販売価格を安くすることをおすすめします。

まとめ

売却する予定である不動産が平屋だからという理由で、需要が薄かったり、売れ残ってしまう可能性はごく稀ですから、管理に困っている実家などの処分を検討してみませんか。
少子高齢や人生100年時代などの影響もあり、平屋の需要が高まっていますから、まさに今が不動産売却のチャンスです。
私たち中山産業株式会社は、お客様を第一に考えさまざまなご相談をお受けいたします。
お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産売却時に使う建築確認通知書を紛失した場合の対処法とは   記事一覧   気付かれずに不動産売却するにはどうしたら良いの?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • 更新情報

  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    中山産業株式会社
    • 〒890-0056
    • 鹿児島県鹿児島市下荒田1丁目28-6
    • TEL/099-255-1381
    • FAX/099-250-6595
    • 鹿児島県知事 (11) 第1805号
  • 更新物件情報

  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る