中山産業株式会社 > 中山産業株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 住宅ローンが返済不可になった場合の対処法についてご紹介

住宅ローンが返済不可になった場合の対処法についてご紹介

≪ 前へ|売却後も住み続けられるリースバックとは?メリット・デメリットを解説   記事一覧   土地を相続しておこなう「名義変更」で必要な書類や期間|次へ ≫

住宅ローンが返済不可になった場合の対処法についてご紹介

カテゴリ:不動産売却のための基礎知識

住宅ローンが返済不可になった場合の対処法についてご紹介

予想外のことが起こり、思っていたように住宅ローンを返すことが難しくなってきたという方も、多いのではないでしょうか。
返済不可になった場合、どのような対処法があるのか気になるところです。
ここでは、住宅ローンが返済不可になった際に検討してみたい対処法についてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

住宅ローンが返済不可になった場合どのような対処法があるのか

住宅ローンの支払いが難しくなり、滞納してしまうこともあるかもしれません。
まず、こういった問題が起こった際に、一番注意しておきたいことは、放置せず早めにローンを利用している金融機関に相談することです。
ポイントは、できるだけ早く足を運ぶという点です。
金融機関で条件を変更したり、借り換えについて検討したりと、さまざまなことが相談できるため、ことが大きくなる前に早めに足を運ぶことをおすすめします。
現在の月々の返済額では厳しくても、金額を減らすことができれば対応できる場合もあるでしょう。
また、団体信用生命保険に入っていると思いますが、疾病保障を付けて契約している場合もあるので、併せてそちらのほうも確認してみてください。
もしかしたら、保険が適用になるかもしれません。

住宅ローンが返済不可になり競売になる場合について

金融機関に相談することなく、長く住宅ローンの返済が滞ってしまうと、最終的には競売へと進むことになります。
およそ3か月間住宅ローンの返済が滞ると、督促状が届きます。
さらに3か月程度同じ状態が続くと、保証会社に住宅ローンの一括支払いを求められることになり、住宅ローンを利用していた方は、一括返済をしなければなりません。
しかしながら、多くの方が一括での返済が難しく、場合によっては競売に進むこともあります。
また、金融機関の許可が得られた場合は、任意売却で残りの住宅ローンを返済する方法もあります。

任意売却について

競売にかけられると、安く売却することになります。
任意売却であれば、そこまで安く売却しなくても良いため、そこがメリットの一つだと言えるでしょう。
任意売却とは、多くの方が不動産を売却する場合と同様の方法で売却できるのが特徴です。
また、競売であれば一括返済することになりますが、任意売却の場合は毎月分割で返済できるのも魅力です。

まとめ

住宅ローンが返済不可になったら、できるだけ早くローンを利用している金融機関に相談することが必要です。
相談できれば、返済の条件を変更したり借り換えについて検討することができるからです。
返済が難しくなった場合、いろいろな対処法がありますが、いずれにしてもやはり相談することが大切です。
私たち中山産業株式会社は、お客様を第一に考えさまざまなご相談をお受けいたします。
お気軽にお問い合わせください。

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|売却後も住み続けられるリースバックとは?メリット・デメリットを解説   記事一覧   土地を相続しておこなう「名義変更」で必要な書類や期間|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • 更新情報

  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    中山産業株式会社
    • 〒890-0056
    • 鹿児島県鹿児島市下荒田1丁目28-6
    • TEL/099-255-1381
    • FAX/099-250-6595
    • 鹿児島県知事 (11) 第1805号
  • 更新物件情報

    2022-08-03
    玉里団地二丁目 売地の情報を更新しました。
  • QRコード
  • いえらぶポータル物件掲載中

トップへ戻る