中山産業株式会社 > 中山産業株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却の仲介手数料とは?計算方法やリスクをご紹介

不動産売却の仲介手数料とは?計算方法やリスクをご紹介

≪ 前へ|不動産売却後に「確定申告」が必要なケースと申告の手順   記事一覧   不動産相続登記は放置してはいけない?放置リスクと登記方法をご紹介|次へ ≫

不動産売却の仲介手数料とは?計算方法やリスクをご紹介

カテゴリ:不動産売却のための基礎知識

不動産売却の仲介手数料とは?計算方法やリスクをご紹介

不動産売却の際には仲介手数料がかかるというのは、一般的なこととして知っている方も多いかと思います。
やはり手数料はできるだけ安くしたい、不動産をお得に売却したいと考えるものです。
そこで今回は、仲介手数料の意味、上限額の計算方法、リスクについてご説明しますので参考にしてみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却にかかる仲介手数料とは?

個人が不動産売却をする際には、仲介業者が手続きなどをおこなうでしょう。
仲介業者である不動産会社を介して不動産を売ると、不動産会社に対して「成功報酬」を支払います。
そして成功報酬のことを「仲介手数料」または「媒介手数料」と呼びます。

不動産売却にかかる仲介手数料の計算方法とは?

仲介手数料には売却金額により上限が定められているので、不当に支払いを要求されないように上限を覚えておきましょう。

上限額の計算方法

上限額の計算方法は以下のとおりです。

●200万円以下の部分:物件価格(税抜)×5%+消費税
●200万円超え400万円以下の部分:物件価格(税抜)×4%+消費税
●400万円超えの部分:物件価格(税抜)×3%+消費税


このように、上限額が決められていますので超えないようにしっかりと計算をしておくことが大切です。
そして相場についてですが、上限額あたりが妥当な額となっています。
あまりにも安すぎる仲介手数料もありますが、怪しいケースも考えられるので、相場を意識して選んでみましょう。

不動産売却の仲介手数料が安い場合のリスクとは?

仲介手数料には上限がありますが、範囲内であれば不動産会社が自由に金額を設定することが可能です。
そういった背景から、価格競争により安い手数料を提示している不動産会社もたくさんあります。
もちろん安いことは買い手にとって嬉しいことではありますが、安さだけを見て選ぶのは、リスクが高すぎます。
仲介手数料の安さを売りにしていると、販売活動にかけるコストを下げている可能性もあるでしょう。
つまり、不動産売却がうまくいきづらいという結果になってしまうのです。
やはり1番のポイントは、信用・信頼できる不動産会社を見つけることです。
不動産売却を成功させるのであれば、きちんと対応してくれる信頼に値するサポートを提供する不動産会社を選びましょう。

まとめ

不動産売却の仲介手数料は必ず支払うことになる費用なので、正当な金額を払えるかどうか、しっかり確認をしましょう。
安すぎると感じたら、販売活動の内容などを聞いて問題がないかどうか確認をしておくと良いでしょう。
この機会に、ぜひ仲介手数料のことを知っていってください。
私たち中山産業株式会社は、お客様を第一に考えさまざまなご相談をお受けいたします。
お気軽にお問い合わせください。

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産売却後に「確定申告」が必要なケースと申告の手順   記事一覧   不動産相続登記は放置してはいけない?放置リスクと登記方法をご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • 更新情報

  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    中山産業株式会社
    • 〒890-0056
    • 鹿児島県鹿児島市下荒田1丁目28-6
    • TEL/099-255-1381
    • FAX/099-250-6595
    • 鹿児島県知事 (11) 第1805号
  • 更新物件情報

    2022-08-03
    玉里団地二丁目 売地の情報を更新しました。
  • QRコード
  • いえらぶポータル物件掲載中

トップへ戻る